生産事業部

解析について

これまで経験値+机上計算で決めていた構造に対し解析を行うことによって最適化が図れることになります。

(組み合わされた構造物に対しては机上計算では難しい部分がありました。)

設計→製作→不具合対策 解析によって設計時点で不具合箇所を探れば効率化が図れることになります。

1) インフラ事業との連携

これまでは機械製造業とのお付き合いがほとんどでしたが、インフラ事業を通し調査、土木、建築業などとのお付き合いも出来るようにして行くつもりです。

インフラ事業で「こんな装置があれば」というものがあれば形にすることができ、こうすれば効率が上がるという提案も可能です。

それぞれのノウハウで互いの可能性の追求、向上を目指して行きます。

2) 3Dプリンタの活用

ものづくりを進めてきた弊社ですが基本的にはお客様からの依頼がスタートであり、図面納品後も製作は弊社の範囲外でした。

3Dプリンタを利用すれば頭の中で考えたものが具現化でき、弊社発信の提案もしやすくなります。

その他依頼があれば試作品製作も可能です。(単なる出力だけでなく構想設計レベルからお手伝いできます)

3Dプリンタは簡単に物が作れて便利なのですがその構造、原理を理解しておかないと思い通りのものづくりは出来ません。

熱溶解積層法の場合、下から上へ積み上げていくので軸物などは縦置きで考えなければなりません。

横置きでもサポート材によって製作は可能ですが精度が出せません。 縦横の組合せが必要な場合は別部品にして後で接着した方が良いでしょう。

その他、素材の充填率、壁部分の厚み等、色々な条件を部品形状によって使い分ける必要が有ったり、逆に部品形状の見直しが必要だったりします。

1から設計の出来る弊社ならお客様のご要望に答えることが出来ると確信しています。

荷重集中箇所解析1
荷重集中箇所解析2
複合構造物解析
内圧によるたわみ解析

お問い合わせ
Inquiry

当社へのご依頼、ご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

お電話では平日9:00~17:00まで、
メールフォームからは24時間受け付けております。

072-621-4351

受付時間 9:00~17:00(土日祝休)

当社へのご依頼・ご相談

商材のご提案・その他

ページトップに戻る